2009年1月         

女性の生涯健康手帳を配布
広島県が新成人に8000部配布
病気、妊娠・出産などを解説


 広島県はこのほど、県内の成人式会場で、女性の健康づくりに向けた意識啓発を目的に、日本産婦人科学会等が作成した「女性の生涯健康手帳」を新成人に約8000部配布した。
同手帳(40ページ)は、健康診断・受診の記録や、月経・基礎体温の記録などを自身が記入し、日々の健康状態をチェックできるほか、「妊娠と出産について」「女性が気をつけたい症状・病気」などをわかりやすく解説している。
 女性の健康手帳については、公明党の日下美香県議昨年12月の県議会定例会で、「ライフステージの変化に応じた健康チェックの手引きにもなり、健康問題を解決するツールともなる健康手帳の発行も含め、女性の健康支援を強力に推進を」と訴えていた。

(2009年1月26日 公明新聞)


↑拡大クリック

「女性の生涯健康手帳」とは


女性の健康づくりに向けた意識啓発を目的に、日本産科婦人科学会等が作成したもの。

●日々の健康状態をチェックできる便利な手帳
 ○健康診断・受診の記録
 ○月経・基礎体温の記録

●女性が知っておきたい健康情報も満載
 ○女性のライフサイクルと健康
 ○月経について
 ○妊娠・出産について
 ○女性が気をつけたい症状・病気ほか