2008年11月         

・子育てしながら安心して働ける環境づくり
・安心して子どもを生み育てられる環境づくりの取組が促進
・県立広島大学の助産学専攻科の開設
(平成21年4月1日予定)



子育てしながら安心して働ける環境づくりの促進


  中小企業も含めた企業における仕事と子育ての両立できる環境づくりや、企業による次世代育成支援に関する地域貢献の取り組みの促進に努めること


◎仕事と家庭の両立できる環境づくりに向けた企業への取組

 1.「一般事業主行動計画」を策定し、両立支援に取り組む企業を
  応援する窓口(両立支援企業応援コーナー)を設置
 2.仕事と家庭の両立支援企業登録制度
  (登録証の交付、ホームページなどで企業の取組内容の紹介)の創設

◎企業による次世代育成支援に向けた地域貢献の促進
 
  経済六団体、県及び財団法人ひろしまこども夢財団より平成18年11月「こども未来づくり・ひろしま応援隊」を結成した。
主な取組内容は
 
 1.子育て家庭にやさしい多様なサービスを提供する
  「子育て応援イクちゃんサービス」協賛店舗数の拡充
 2.授乳・おむつ替えのできる「イクちゃんベビールーム」の設置による、
  子どもと一緒に祭やイベントなどに出かけやすい環境づくりなどにより、
  社会全体で子育てを応援する環境づくりに引き続き取り組む。



安心して子どもを生み育てられる環境づくりの促進

 県内どの地域においても、安心して子どもを生み育てることができるよう、産科の医療体制の確保について、国・中国地方各県・市町及び広島大学とも十分連携を図り、積極的な取り組みを推進する必要があること。


◎産科医師の負担軽減による分娩体制の維持

 
 ・「周産期オープン病院化事業」や「助産師外来事業」による
  地域の医療資源の機能分担と連携の促進

◎県内の産科医師数そのものを増やすための取組

 ・「ふるさとドクターネット広島」や「広島医師育成奨学金制度」による
  産科医師の育成・確保等の積極的な推進。



県立広島大学の助産学専攻科の開設 平成21年4月1日予定

  助産師教育の充実、助産師に対する社会的ニーズの高まり、助産師不足への対応等の理由から、幅広い専門知識や実績力を有する助産師を養成するため、県立広島大学に助産学専攻科を設置(平成21年4月1日予定)。