2018年12月14日       

2019年度予算編成に関する要望書を提出
 公明党広島県議団は湯崎知事に会い、2019年度予算編成にあたり要望書を提出しました。要望書の重点項目では西日本豪雨を踏まえ、切れ目のない被災者支援やため池対策の強化など【防災・復興対策】の充実のほか、県独自の給付型奨学金の継続など子どもの未来を応援する政策の充実、核軍縮の実質的な進展に向けた取り組みの強化、県立体育館へのエアコン設置とトイレの洋式化など74項目を要請しました。湯崎知事は『要望を受け止めしっかり対応していきたい』と述べました。





■2019年度予算要望書(PDF)