2008年6月         

妊婦健診(妊婦一般健康診査)の助成が5回に拡充
(平成20年7月から)

  
  
  公明党は、妊婦さんの経済的負担を少しでも軽くし、安心して元気な赤ちゃんを出産できるよう、妊婦健診の助成回数を増やすことを訴えてまいりました。 そうした粘り強い主張が実り、平成20年7月から、妊婦健診の助成回数が2回から5回に拡充されることになりましたのでお知らせします。 公明党は更なる拡充を目指し頑張ってまいります。

●助成拡充の対象となる方
平成20年7月1日時点で妊娠している方
※平成20年6月30日までに母子健康手帳を受け取っており、7月1日時点で妊娠している方には、7月1日時点の妊娠週数に応じて、1枚~3枚の受診票を追加交付します。

●里帰り出産について
里帰り出産などで、広島県外の医療機関で受診する予定のある方は、事前にお住まいの区の保健センターへお問い合わせください。

●受診票で受診可能な検査項目及び助成限度額
7月1日以降に母子健康手帳と一緒にお渡しする5回分の受診票で受けることができる検査項目と助成限度額は次のとおりです。