広島大学病院内にオープンした難病対策センターの相談室で松本センター長(左端)、岡馬県難病連会長(左から2人目)と懇談
医療支援の拠点に
難病専門の相談窓口開設


パーキンソン病など難病患者の介護や医療について相談を受ける「難病対策センター・相談室」が広島大学病院に開設され、7月3日、同病院で開所式がありました。難病専門の公的な相談窓口は県内では初めてです。県内には難病患者が3万人以上いるといわれ、相談室は医療支援の拠点として期待されています。

相談時間は
月曜日から金曜日の午前10時〜午後4時。
電話相談は 082−252−3777 まで
難病対策センター開設式に出席