「みんなで育てる子ども夢プラン」を策定しました



 平成22年から26年までの5年間の「みんなで育てる子ども夢プラン」ができました。知事の子育て応援メッセージの中にも私が7年間言い続けた思いがちりばめられておりました。特に『育児に熱心な父親である「育メン」をめざしつつ「子育てするなら広島県で!」と全国の皆様から選ばれる広島県づくりに先頭に立って取り組んで参ります。』とありました。その言葉通りにこの5年間進んでいきますよう心から願うばかりです。お母さん方から特に要望が多い病児病後児保育の推進、障がい児の子どもたちの放課後の預りの推進などについてはコストがかかる分、しっかり行政として関わっていくこと、更に使いやすい制度にしていくことを強く要望しました。全体の中で特徴的なことは、社会構造の変化の中で「配慮が必要な子どもと家庭を支援」ということだと思います。子どもの貧困、虐待については何度も県にその取り組み強化を要請してきましたが、やっと県もそのスタートラインに立ったのかと思います。子どもの成長は待ってくれません。大人が手をこまねている間に小さな命や子ども達の夢が奪われている現実には速やかに対応していかなければいけません。今後も「子どもの幸せを第一に考えるという視点」に基づき、この夢プランが推進していきますよう注意深く監視して参りたいと思います。


【「みんなで育てることも夢プラン」概要版をダウンロード】

 ・概要版1 表紙 (306KB)(PDF文書)
 ・概要版2 めざす姿 (582KB)(PDF文書)
 ・概要版3 第1節〜第3節 (468KB)(PDF文書)
 ・概要版4 第4節〜第6節 (606KB)(PDF文書)
 ・概要版5 (400KB)(PDF文書)

≪ 役立つ!お知らせページ一覧へ戻る