広島県HPに発達障害専門医を掲載



 広島県は、発達障害のある子どもを診療する県内の医療機関54施設を、県のホームページ(HP)で公開する。一部の医療機関に集中しがちな受診者を分散させ、初診までの待機時間の短縮と不安解消を図る。
 広島市の8区、安芸郡、山県郡、そのほかの市町の計19エリアに分けて、エリア内の医療機関を一覧で示す。
それぞれ、専門医の名前▽診療する障害の領域▽投薬や診断などの診療内容▽初診までの待機期間ーなど、計12項目を紹介する。
 県は9月、発達障害が診療できるか、どうかについて問う調査票を、内科、小児科、精神科のいずれかを備える医療機関計860に配布。回答した631施設のうち67施設が診療できると分かった。公表を了承した医療機関をHPに掲載する。
 県内では発達障害への関心の高まりに伴い、県や市の療育センターに受診希望者が殺到。初診に半年かかるケースもあった。県障害者支援課の越智誠輝主任は「新たに診療を始める医療機関を加えるなど更新を重ね、実用性を高めたい」としている。

広島県のHPから見ることができます。
発達障害のある子どもを診療する県内の医療機関54施設を県のホームページで公開しています。
 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1258587701630/index.html


【発達障害の診療を行っている医療機関リスト】
広島市中区(148KB)(PDF文書)

≪ 役立つ!お知らせページ一覧へ戻る