緊急事態宣言が広島県も延長になり様々自粛が求められる中、梅雨や暑さとも重なり体調を崩しておられる方が増えているのでは、と心配しています。
皆様、お変わりございませんか?

最近はあまりいいニュースがない中、久しぶりに良かった!と思う出来事がありました。
それは県が所有する旧陸軍被服ししょうの3棟への安全対策が決まった事です。
私達の会派は一貫して全棟保存を訴え斉藤衆議院議員と連携して国会質問、県議会での質問、視察などを繰り返してきました。
その建物の構造上、重要文化財の付加価値もつく事が学識経験者から指摘があり事実上の保存が決まったものと承知をしています。
国保有の1棟保存も含め国には財政支援を求め、広島市にも市内現存の世界最大級の被爆建物として財政的な支援も含めて、共に話し合いをしていく事になると思います。
何よりこれまで精力的に保存活動をしてこられた被爆者の皆様や、関心を持ち共に活動してくださった皆様には敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。
今後は原爆や戦争を知らない後世の人達への平和への継承の場として活用されるよう努力していきたいと思います。

暑さに身体がまだ慣れていない時期は熱中症になる確率が高いと言われています。
くれぐれも水分補給などお気をつけて頂き、コロナ禍の暑い夏を共に乗り越えていきましょう!
どうぞお身体を大切になさってください。



広島県議会議員
日下美香